• オランダをヒントに、

    未来を垣間見る300日間

     

    「nl/minato(エヌエル・ミナト)」はオランダと東京・港区を文化的な視点で繋ぐ、学びのプラットフォーム。SHIBAURA HOUSEとオランダ王国大使館による、4年間の共同プロジェクトです。

     

    ワークシェアリングや同性婚、ナイトメイヤー(夜の市長)など、数々の先進的な公共政策で知られるオランダ。一方、人と情報、経済が集中する港区。お互いの社会における試みや課題を共有しながら、ボトムアップ型の対話の場を築いていくのが「nl/minato」のコンセプトです。

     

    2019年度のプログラムではさまざまな体験型ツアーやイベントを企画します。移民、LGBT、介護、メディアなど、避けては通ることのできないテーマを包括的に取り上げ、参加者と共に〈未来〉のシナリオを描きます。

  • #私たちが移民を受け入れてゆく姿

    #デザインが社会にできること

    #お互いの死をみんなで看取る

    #遠慮なく何でも話し合える社会の空気

    #資本主義のためではないメディア

    #夫婦が50:50で働く毎日

    #LGBTが特別ではない社会

    #ユニークな政策が生まれる仕組み

     

    を想像する

     

     

    会期:2019年4月~2020年3月

    主催:SHIBAURA HOUSE

    後援:オランダ王国大使館、港区

    nl/minato Facebook ページ

  • フレンドシップ、およびプロジェクトメンバーを募集します

    nl/minatoでは下記のカテゴリーでプロジェクトメンバーを募集します


    A. フレンドシップ・プログラム

     

    上記に掲げたテーマと関連性を持つ、体験型のイベントを企画・実施できる個人や団体を募集します。ユニークな施設や現場の見学ツアー、普段経験できないような職業体験、オーディエンス巻き込み型のパフォーマンスなど、参加者が肌感覚で学べる場の創出を期待します。採択されたプログラムには内容を考慮し、「運営資金の一部」「会場提供」のいずれかと、「広報協力」を行います。約20のプログラムとの提携を予定しています。

     


    B. 市民ジャーナリスト

     

    A. フレンドシップ・プログラム等に対して取材・記録を行い、nl/minatoのメディアで発信するメンバーです。役割としてはリサーチとライティングが中心になります。プロジェクトの最初にNPO法人ミラツクから基本的なスキルを学ぶトレーニングを行います。約10名のメンバーを選考予定しています。

     


    C. ソーシャルエディター

     

    公式サイト・SNSを活用して、nl/minatoの活動を伝えます。具体的にはB. 市民ジャーナリストが執筆した記事や投稿を、インフルエンサー等と協力して社会に拡げる役割をもちます。市民ジャーナリスト向けのトレーニングへの参加も可能です。若干名の募集となります。

  • オリエンテーション申し込みフォーム

    詳細については、オリエンテーションでご案内します。参加希望の方は下記フォームよりお申し込みください。

  • ORGANIZED BY

    SHIBAURA HOUSE 

    SUPPORTED BY

    オランダ王国大使館

    SUPPORTED BY

    港区